30代におすすめの化粧品で悩みを解消しよう

お肌を決して乾燥させない

ウーマン

保湿をベースに考える

30代といえば、シミなどが目立ち始め、笑いジワがそのまま戻らないなどお肌の衰えを感じるころです。社会人になって無理をして働いたり、夜遊びしていた20代のツケがお肌に出てくるころでもあります。そのため、30代になれば化粧品によるケアがこれまでとは異なってきます。もう20代ではない、けれどまだ本格的にエイジングケアする年齢でもないこの30代は、化粧品選びが難しい時期でもあります。まず、今までと違いお肌の保湿に注目する必要があります。20代までは乾燥に対してそこまで恐れる必要はなかったかもしれませんが、これからはとにかく乾燥対策です。これは脂肌の人にも言えます。脂肌だからといって乾燥しないとは限りません。乾燥状態はシワやシミの悪化という最悪の事態を招くので、おすすめは保湿できる化粧品です。そのうえで、悩み別にケアできるものを選びます。おすすめの保湿成分はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などです。これらがベースとして含まれている化粧品を選びましょう。たるみやシワが気になるようだったらレチノールやナイアシン、ビタミンC誘導体がおすすめです。シミにはプラセンタエキスを使います。ビタミンC誘導体はシミができないようにもしてくれます。刺激が強すぎると弱った肌だとトラブルの元なので避けるようにします。アルコールや香料、着色料などが含まれていないものにすることで、30代のお肌でも毎日ケアしていて安心です。きちんと化粧水、美容液、乳液、クリームなどを駆使する必要があるので、30代では続けられるような価格のものがおすすめです。